« 太田忠司/予告探偵 木塚家の謎 | トップページ | 太田忠司/予告探偵 西郷家の謎 »

2011/06/18

「森と芸術」展@東京都庭園美術館

久々に目黒の庭園美術館まで足を伸ばして開催中の「森と芸術-私たちの中にひそむ森の記憶をたどってみよう-」展を見てきた。

森や木、自然をテーマにした絵画や工芸品などの作品の数々。
緑がいっぱいの穏やかな雰囲気の作品ばかりで、庭園美術館自体の持つこじんまりとした寛ぎのある雰囲気にも合っていてとてもよかった。
特に古い絵本の挿絵を集めた「メルヘンと絵本の森」コーナーが秀逸。
繊細で美しく幻想的な絵に引き込まれて随分長い時間を掛けて見たうえに、全部回ったあともう一回戻って見てきたくらい。
どれも素敵だったけど、中でもカイ・ニールセンの「ヘンゼルとグレーテル」は素晴らしかった。
110618-13ショップに絵葉書があったので思わず購入。 左端が「ヘンゼルとグレーテル」。
2人が森の中のお菓子の家を見つけるシーン。
絡まり合う木の繊細な曲線と奥で輝くお菓子の家が美しい。


他にはアンリ・ルソー「エデンの園のエヴァ」、アンドレ・ボーシャン「楽園」、ヘンリー・ヒューズリの「シェイクスピア名場面版画集」、モーリス・ドニ「聖母月」、ポール・セルジェ「ブルターニュのアンヌ女公への礼賛」、ポール・ゴーギャン「愛の森の水車小屋の水浴」(よく見るゴーギャンの作品とイメージ違う!)あたりがよかった。

今日はお天気が今ひとつだったせいもあってか館内も庭園も人が少なくひっそりとした雰囲気。
おかげでゆったりじっくり見て回ることができて楽しかった。

7月3日(日)まで開催。

幻想の挿絵画家 カイ・ニールセン
幻想の挿絵画家 カイ・ニールセン

カイ・ ニールセンの画集。
ちょっと高いけど欲しいなあ…。



庭園で花の写真を撮ってきたのでまとめてアップ。

110618-01 110618-02 110618-03
    鉄仙
    バラ
    ブルースター
110618-05 110618-07 110618-10
    サルビア・ガラニチカ。青色のサルビア。蜜はやっぱり甘いのかな?
    アジサイ。
    大きくて花がたくさんついていて見事なアジサイだった。
    カシワバアジサイ。
    これもアジサイの仲間らしい。真っ白で房状の花が綺麗。
110618-12 110618-08 110618-09
    ガクアジサイ。花火みたい(^^)
    水分たっぷりの芝生の緑が綺麗だった。
    日本庭園のお茶室。
110618-04 110618-06
    名前不明。花はノースポールに似てるけど、葉っぱが全然違う。
    ドクダミ。ドクダミは名前や臭いは残念だけど、花は可愛いよね。

|

« 太田忠司/予告探偵 木塚家の謎 | トップページ | 太田忠司/予告探偵 西郷家の謎 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/51977192

この記事へのトラックバック一覧です: 「森と芸術」展@東京都庭園美術館:

« 太田忠司/予告探偵 木塚家の謎 | トップページ | 太田忠司/予告探偵 西郷家の謎 »