« 有川浩/三匹のおっさん | トップページ | 領家高子/怪談 お露牡丹 »

2011/06/05

今野敏/憑物 祓師・鬼龍光一

憑物 - 祓師・鬼龍光一 (中公文庫)
憑物 - 祓師・鬼龍光一 (中公文庫)

連続大量殺人事件の裏側には呪術でそれを操る亡者がいた。
警視庁少年課の刑事・富野は祓師・鬼龍と孝景の協力を得て、犯人を追い詰めていく…という話。
警察小説+伝奇小説という感じかな。
今野さんってこんな小説も書いてたんだ。

亡者を祓う力を持つ「鬼道衆」の鬼龍と「奥州勢」の孝景、そして(実は祓師の血を引いている)富野の仲が悪いようでそうでもない力関係が面白かった。
また富野が鬼龍たちの力を認め、必要としながらも、それに全面的に依存するのではなくむしろ「警察としてそれでいいのか」と思い悩むあたりが今野さんらしい心理描写で興味深い。

展開もスピード感があって読みやすかった。

ちなみにこれはシリーズ物の2作目。
1作目も一緒に予約したんだけどこちらのほうが先に来たので順番が逆になったけど、どちらも読み切りなので特に問題はなかった。
1作目(『陰陽』)も今日借りられたので読むのが楽しみ♪

|

« 有川浩/三匹のおっさん | トップページ | 領家高子/怪談 お露牡丹 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/51864046

この記事へのトラックバック一覧です: 今野敏/憑物 祓師・鬼龍光一:

« 有川浩/三匹のおっさん | トップページ | 領家高子/怪談 お露牡丹 »