« 三浦しをん/仏果を得ず | トップページ | 日本推理作家協会 編/MARVELOUS MYSTERY »

2011/07/20

大沼紀子/真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ

真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫)
真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫)

人のよさそうな笑顔が印象的なオーナーと、仏頂面のイケメンパン職人の2人で切り盛りするパン屋「Boulangerie Kurebayashi」(ブランジェリークレバヤシ)。
営業時間が夜中の23時から29時までという一風変わったパン屋を舞台にしたハートウォーミングストーリー。

もっとさっくり軽い内容かと思ったら意外にみっしりと中身が詰まったちょっとハードなテーマの物語だった。
既にいない人を中心に知らない同士が集まってくるという設定だけど変に感傷的にならない所がいい。
展開される物語も少し辛口だけど結末は暖かく読後感もよかった。

ただ、どう考えても昼の営業のが客が入るだろうに何故営業時間が夜中なのかが謎。
店側に売る気がないならともかくイケメンパン職人・弘基は「一人でも多くの人間が俺のパンを食うべき」とまで言っているわけだから、その時間に営業すると決めたのには何か明確な理由があるはず。
物語的には営業時間が夜だからこその出会いや事件があるという設定なんだと思うけど、そうであればこそ「そういう設定」で流すのではなくきちんとその理由を説明したほうが説得力があったのではないかと思う。
あと、最初に出てくる営業時間の記述が「午後23時から午前29時」って書いてあるのが、どうにも気持ち悪い。
午前って書くなら5時でいいのでは?

パン屋の居候女子高生・希実(のぞみ)が1日中制服を着てるのもなんとなく不自然。
作品中で「着るものに興味がないし合理的」といったような理由付けが書いてあった気がするけど、ずっと着れてば傷むし汚れるんだから却ってお金が掛かりそうな気がするけどなあ。
学校の制服なんか洗濯するの大変だと思うんだけど。
しかも夜中に外に出ることが多いのに制服のままってちょっと解せない。

それから(パン屋って設定だから仕方ないかなとは思うけど)人がいっぱいいてしかも小さい子どもまでいるのに、ちゃんとした食事のシーンがないのもちょっと気になった。

ちょっとオタクっぽくてストーカー体質の斑目氏やニューハーフのソフィアのキャラクター設定と、物語への絡ませ方はなかなか面白かった。

|

« 三浦しをん/仏果を得ず | トップページ | 日本推理作家協会 編/MARVELOUS MYSTERY »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

東京だったかにある実在の深夜しか開店してないパン屋さんというモチーフが先にあったのでしょうかね。あちらは店主がお年寄りで、結果的に準備が整って開店できるのが深夜という事情だったように記憶してますけれど。

>「午後23時から午前29時」って書いてあるのが、どうにも気持ち悪い

これは明らかに間違いというべきなのでは(^^; 午前・午後というなら12時までしか存在しないし(法律まである)。24時制なら当然不要。夜半をまたいで時間を継続的に管理したいという天体観測とかで36時制にすることってありますけれどね。

#著者はもちろん、編集の責任(というか能力かしらん)ですねえ(^^;

投稿: ムムリク | 2011/07/21 09:28

■ムムリクさん
>店主がお年寄りで、結果的に準備が整って開店できるのが深夜

もしかして、これ↓のことですか?w
■夜中にしか開かないパン屋があった!(デイリーポータルZ)
http://portal.nifty.com/2007/01/29/c/

ちなみに、その後こんなのも↓ありました。
■24時間営業おにぎり屋の謎に迫る
http://portal.nifty.com/kiji/110628145359_1.htm

私的には夜中に開いてるならパン屋よりもおにぎり屋のが嬉しいかも…^^;

時間の表示は絶対変ですよね。
「29時」という言い方自体は最近TVの影響などでそんなに違和感なくなっては来てるけど、何故それに午前を付けちゃったのかな。
「23時から29時」って一度書いて「やっぱり午前午後にしたほうが判りやすいから」と午前・午後を付けたけど時間はそのまま修正を忘れちゃった…って感じかしら。
しかも私が買ったのは第4刷…誰か指摘してあげて欲しい(ーー;)

投稿: tako | 2011/07/21 21:27

そうです、そのパン屋さんです。
午前・午後は編集さんがちゃんと直さなきゃ(^^;
#まあ、常識的にもどうかと思ったりしますけれど。

投稿: ムムリク | 2011/07/22 15:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/52262434

この記事へのトラックバック一覧です: 大沼紀子/真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ:

« 三浦しをん/仏果を得ず | トップページ | 日本推理作家協会 編/MARVELOUS MYSTERY »