« 川端康成/眠れる美女 | トップページ | 大島真寿美/ピエタ »

2011/08/21

宇江佐真理/室の梅 おろく医者覚え帖

室の梅 おろく医者覚え帖 (講談社文庫)
室の梅 おろく医者覚え帖 (講談社文庫)

奉行所から依頼されて死体を検視する「おろく医者」の正晢と、一回り年下で産婆として働くお杏夫婦が江戸の下町で起こる事件の謎を解く短編時代ミステリー。

死んだ人間相手の正哲と、生まれてくる人間相手のお杏の組み合わせが面白い。
事件だけでなく正晢とお杏の仕事ぶりも丁寧に描かれているので説得力があった。
岡っ引きの風松や正晢の両親ら脇役も生き生きしていて面白かった。

|

« 川端康成/眠れる美女 | トップページ | 大島真寿美/ピエタ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/52578197

この記事へのトラックバック一覧です: 宇江佐真理/室の梅 おろく医者覚え帖:

« 川端康成/眠れる美女 | トップページ | 大島真寿美/ピエタ »