« 奥山景布子/恋衣-とはずがたり | トップページ | 紫野貴李/前夜の航跡 »

2011/08/05

宮木あや子/セレモニー黒真珠

セレモニー黒真珠 (ダ・ヴィンチブックス) 
セレモニー黒真珠 (ダ・ヴィンチブックス)

地域密着の小さな葬儀社「セレモニー黒真珠」を舞台にした短編集。

軽快でユーモアのある文章でクスッと笑わせながら、家族や恋人との関係、死に立ち会うことの意味がきちんと描かれている。
どの話も登場人物の心に寄り添った暖かい結末で読後感もよかった。
実年齢よりかなり老けて(落ち着いて)見えるが仕切りが完璧で挙措が美しい主任の笹島、性根が腐った感じに見えるが線が細く喪服が素晴らしく似合うメガネ男子の木島、まだ21歳なのに元ヤンの両親に押し付けられた借金を自分の身体で完済した過去を持つ妹尾という主要登場人物3人も個性的で面白い。

宮木さんの作品って硬質で生真面目なイメージがあったのでユーモアたっぷりのこの作品はちょっと意外だったけどすごく楽しめた。
今まで読んだ中で一番好き。

<収録作品>
セレモニー黒真珠 / 木崎の秘密 / 主なき葬儀 / セレモニー白真珠 / あたしのおにいちゃん / はじめてのお葬式

イラストはワカマツカオリさん。
表紙だけでなく各章の扉にもイラスト入りの贅沢さ。
ワカマツさんの表紙の本は最近よく目にするけど、この本は今まで見た中で一番素敵だった。

ワカマツカオリ公式サイト「GRAFFITIBUNNY」

|

« 奥山景布子/恋衣-とはずがたり | トップページ | 紫野貴李/前夜の航跡 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/52403724

この記事へのトラックバック一覧です: 宮木あや子/セレモニー黒真珠:

« 奥山景布子/恋衣-とはずがたり | トップページ | 紫野貴李/前夜の航跡 »