« 宮木あや子/太陽の庭 | トップページ | 川端康成/眠れる美女 »

2011/08/15

奥山景布子/源平六花撰

源平六花撰
源平六花撰

「俊寛」「義経千本桜」「熊谷陣屋」など、歌舞伎や能の舞台で有名な源氏、平家の物語をモチーフにした短篇集。

なんとなく聞き覚えがある話が多かったし短編で登場人物も少ないのでいつも以上に読みやすく共感出来る作品ばかりだった。
どの作品からも登場人物への愛情が感じられる。
特に鎌倉を逃れた静御前が京に戻る途中行き倒れたところを救ってくれた寺の僧侶に身の上を語る「二人静」がよかった。

<収録作>
常緑樹(ときわぎ) / 啼く声に / 平家蟹異聞 / 二人静 / 冥(くら)きより / 遅れ子

|

« 宮木あや子/太陽の庭 | トップページ | 川端康成/眠れる美女 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/52496153

この記事へのトラックバック一覧です: 奥山景布子/源平六花撰:

« 宮木あや子/太陽の庭 | トップページ | 川端康成/眠れる美女 »