« 近藤史恵/サヴァイヴ | トップページ | 伊藤遊/鬼の橋 »

2011/10/12

三木笙子/人形遣いの影盗み

人形遣いの影盗み (ミステリ・フロンティア)
人形遣いの影盗み (ミステリ・フロンティア)

シリーズ3作目。

今回も面白かった~♪
謎を解くだけでなく、その謎が何故そこに生まれたのかその奥まで提示して、更にその物語が本来あるべき場所まできちんと戻してから終わるのがいい。
不器用で生真面目な高広はそういう役割にピッタリ合っている。

「びいどろ池の月」は主役2人がほとんど顔を出さないので最初「あれっ?」と思ったけど、寂しさと同時に明るい未来を感じさせる希望が同居したラストが印象的。

そしてどんどんガキっぽくなっていく礼くんw
でも、そんな礼を逆手に取って「妙なる調べ奏でよ」みたいなじんわり来る小品を仕上げて来るのが素晴らしい。
高広の下宿先の大家・桃介もいいキャラクター。
彼を主役にした「恐怖の下宿屋」も、ユーモアがあって最後ホロリとさせられるいい作品だった。

表題作では久々に怪盗ロータスも登場。
今のところ発行されているのはここまでみたいだけど、早く次が読みたい!

<収録作品>
びいどろ池の月 / 恐怖の下宿屋 / 永遠の休暇 / 妙なる調べ奏でよ / 人形遣いの影盗み

|

« 近藤史恵/サヴァイヴ | トップページ | 伊藤遊/鬼の橋 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/52995042

この記事へのトラックバック一覧です: 三木笙子/人形遣いの影盗み:

« 近藤史恵/サヴァイヴ | トップページ | 伊藤遊/鬼の橋 »