« 中山七里/おやすみラフマニノフ | トップページ | 長沢樹/消失グラデーション »

2011/11/25

西條奈加/善人長屋

善人長屋
善人長屋

盗人や掏摸、美人局など裏稼業を持つ住人ばかりが集まる千七長屋に堅気でしかも根っからの善人・加助が住み着いて…という話。

面白かった。
最初加助が善人過ぎるのが却って胡散臭くてwちょっと入って行き難かったけど、中盤からどんどん引きこまれた。
それぞれ30ページほどの短編なのに中身が濃くて読み応えがあった。

差配の儀右衛門にも店子たちにも裏稼業に着くまでのきちんとした背景が設定されているので展開に無理がないし言動に説得力がある。

ラストは火事で死んだと思っていた加助の家族が見つかって大団円…かと思いきや、ちょっとずらしたところに着地させたあたりも人生の深みが感じられてよかった。

|

« 中山七里/おやすみラフマニノフ | トップページ | 長沢樹/消失グラデーション »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/53392686

この記事へのトラックバック一覧です: 西條奈加/善人長屋:

« 中山七里/おやすみラフマニノフ | トップページ | 長沢樹/消失グラデーション »