« 西澤保彦/腕貫探偵 市民サーヴィス課出張所事件簿 | トップページ | 小路幸也/猫と妻と暮らす 蘆野原偲郷 »

2012/01/18

あさのあつこ/木練柿

木練柿(こねりがき)
木練柿(こねりがき)

『弥勒の月』『夜叉桜』に出てきた遠野屋の主・清之介を主人公にした短編集。

前二作は途中まではすごく面白かったのにラストで急に失速してしまった感があったけど、今回は短編だったせいか最後まで緊張感のある展開で面白く読めた。
ただ、久しぶりに読んだので信次郎の性格の悪さについて行けず、信次郎が出てくるたびにイヤーな気分になってしまった(ーー;)
ホントにこいつは八丁堀じゃなかったら何をしてたか分からないな。

表題作は清之介が遠野屋の一人娘で彼に刀を捨てる決心をさせたおりんと夫婦になるまでの話と、おりんを失った現在の遠野屋の中心となっている赤子のおこまが何者かに拐かされる話。
面白かったけど、前半と後半それぞれ独立させたほうがよかったのでは。

<収録作品>
楓葉の客 / 海石榴(つばき)の道 / 宵に咲く花 / 木練柿

|

« 西澤保彦/腕貫探偵 市民サーヴィス課出張所事件簿 | トップページ | 小路幸也/猫と妻と暮らす 蘆野原偲郷 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/53786816

この記事へのトラックバック一覧です: あさのあつこ/木練柿:

« 西澤保彦/腕貫探偵 市民サーヴィス課出張所事件簿 | トップページ | 小路幸也/猫と妻と暮らす 蘆野原偲郷 »