« 安澄加奈/いまはむかし ~竹取異聞~ | トップページ | 中山七里/要介護探偵の事件簿 »

2012/01/28

有栖川有栖/作家小説

作家小説
作家小説

「作家」を主人公にした8つの短篇集。

ミステリーではなく、SFのようなファンタジーのようなホラーのような…ちょっと筒井康隆氏を彷彿とさせる作品群。
いつもの有栖川さんの作品とはかなり趣きが違うけど、いろんな趣向の作品があってとても面白かった。

特に(ご本人は不本意かもしれないけどw)「作家漫才」がすごく面白かった。
今は読書芸人が集まって番組をやれるような時代になってきたんだから、ホントにこういう漫才コンビが出て…来るわけないかw

<収録作品>
書く機械(ライティング・マシン) / 殺しにくるもの / 締切二日前 / 奇骨先生 / サイン会の憂鬱 / 作家漫才 / 書かないでくれます? / 夢物語

|

« 安澄加奈/いまはむかし ~竹取異聞~ | トップページ | 中山七里/要介護探偵の事件簿 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/53898398

この記事へのトラックバック一覧です: 有栖川有栖/作家小説:

« 安澄加奈/いまはむかし ~竹取異聞~ | トップページ | 中山七里/要介護探偵の事件簿 »