« 仁木英之/くるすの残光 天草忍法伝 | トップページ | 仁木英之/くるすの残光 月の聖槍 »

2012/03/17

三上延/ビブリア古書堂の事件手帖〈2〉~栞子さんと謎めく日常~

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)

シリーズ2作目。

栞子の性格設定は正直あまり好きじゃないんだけどw、話自体は前作よりスッキリしてて読み易かった。

母親の話も具体的に出てきて栞子との間の確執も明確になってきた。
それによると栞子に輪をかけて癖のある人物のようなので、この先どんなふうに登場するのか、そして栞子とどう対決するのかが興味深い。

しかし、五浦の「活字を読むと気分が悪くなる『体質』」ってどうなのよ、と思う。 別に文学作品とかじゃなくても本を読む(読まざるを得ない)機会なんてどこにでもあるだろうに。
だいたい、学校ではずっと教科書を読んでいるわけだし。
そのときはどうしてたの?

<収録作品>
坂口三千代『クラクラ日記』(文藝春秋) / アントニィ・バージェス『時計じかけのオレンジ』(ハヤカワNV文庫) / 福田定一『名言随筆 サラリーマン』(六月社) / 足塚不二雄『UTOPIA 最後の世界大戦』(鶴書房)

「福田定一『名言随筆 サラリーマン』(六月社)」の回に書かれていた、司馬遼太郎の『豚と薔薇』のあとがきについての記述がすごく面白かった。

ちなみに今回の表紙の栞子はちゃんと本を読んでる模様。
(前作の表紙は本を広げたまま寝てるようにしか見えない^^;)

|

« 仁木英之/くるすの残光 天草忍法伝 | トップページ | 仁木英之/くるすの残光 月の聖槍 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/54249195

この記事へのトラックバック一覧です: 三上延/ビブリア古書堂の事件手帖〈2〉~栞子さんと謎めく日常~:

« 仁木英之/くるすの残光 天草忍法伝 | トップページ | 仁木英之/くるすの残光 月の聖槍 »