« 高野史緒/架空の王国 | トップページ | 横田順彌/古書狩り »

2012/03/29

有栖川有栖/妃は船を沈める

妃は船を沈める
妃は船を沈める

犯罪学者火村+作家アリスシリーズの一作。

「妃」と呼ばれる同じ女性が登場する中編が2編。
後半は前半の後日譚とのこと。(勿論こちらでも事件が起きる)

相変わらず読みやすくて面白かった。

ただ、もうちょっと火村が追い詰められるような話かと思ったけどそうでもなかったのが残念w

あと、前半と後半で変化した「妃」の性格(というか嗜好?)がちょっと疑問。
私はそれも「そう見えてるだけで、実は違うんじゃ」と思っていたので、読み終わったあとちょっと意外な感じがした。(特に動機の部分)
事件とその謎解明そのものには異論はないけど、彼女をそう変えたものは何だったのかについての言及がなかったのがちょっと物足りなかった。
(それとも作者は「変わった」とは感じなかったということかも?)

|

« 高野史緒/架空の王国 | トップページ | 横田順彌/古書狩り »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/54351429

この記事へのトラックバック一覧です: 有栖川有栖/妃は船を沈める:

« 高野史緒/架空の王国 | トップページ | 横田順彌/古書狩り »