« 今野敏/任侠病院 | トップページ | instagramに投稿した画像をサイドバーに表示してみた »

2012/04/11

市井豊/聴き屋の芸術学部祭

大学の芸術学部に所属する、人の話を聴くのが上手い青年・柏木を主人公にしたミステリー短編集。

設定と登場人物のキャラクターが個性的で凄くよかった。
文章も読みやすい。
特に会話部分がテンポがよくて、ユーモアもあって楽しかった。

ただ、どちらかというとコメディタッチの話でしかも警察関係者は出てこないのに、4編のうち2編に死体が出てくることにちょっと違和感を覚えた。
単なる大学生が死体を見た直後に平気で推理とかしてるのって変でしょ。
(しかも片方の作品では目の前の死体を放っておいて。サッサと警察に通報しなさいって)
こういう設定なら全編「日常の謎」系で行って欲しかった。

そういう点からいうと、模型部の部室にあった作りかけの模型を壊した犯人を探す「濡れ衣トワイライト」が一番全体的にしっくりくる内容だったな。
こういう話をもっと読みたい。
もう1編の「からくりツィスカの余命」も死体は出てこないし話自体は面白かったけど、何となく登場人物のキャラと内容が合ってない気がした。

<収録作品>
聴き屋の芸術学部祭 / からくりツィスカの余命 / 濡れ衣トワイライト / 泥棒たちの挽歌

|

« 今野敏/任侠病院 | トップページ | instagramに投稿した画像をサイドバーに表示してみた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/54467164

この記事へのトラックバック一覧です: 市井豊/聴き屋の芸術学部祭:

« 今野敏/任侠病院 | トップページ | instagramに投稿した画像をサイドバーに表示してみた »