« たつみや章/月神の統べる森で | トップページ | 海堂尊/アリアドネの弾丸 »

2012/04/18

西條奈加/御師 弥五郎

江戸の材木問屋 巽屋の主人・清兵衛は外出先からの帰り道で何者かに襲われたところを伊勢の御師 八嶋太夫の手代・弥五郎に助けられる。
数日後、弥五郎の元を訪ねた清兵衛は思いつめた表情で「伊勢参りをしたいのでその世話を頼みたい」と申し出る。
弥五郎自身もあまり伊勢に足を踏み入れたくない事情があったが、清兵衛の様子が気に掛かり共に伊勢を目指すことを決心する。
果たして2人を待ち受けるものとは…。

登場人物もエピソードもたくさん出てくるし、事情もかなり込み入ってるけどうまく交通整理されていて読み易く、最後まで楽しめた。

いろいろ事件が起こる割にスルスルと上手く行き過ぎという部分も無きにしも非ず。
でも、あちこちに張った伏線を綺麗に回収する手際のよさは見事。
明るく温かい余韻が残るラストもよかった。

「御師」は今で言えば伊勢参り専門の旅行会社みたいなもの。
伊勢参りに行く人々について歩いて、宿から観光、食事の手配までなんでもやってくれるらしい。

清兵衛、弥五郎の個人的事情の他に御師の仕事ぶりや江戸から伊勢までの観光名所案内もあって楽しかった。

|

« たつみや章/月神の統べる森で | トップページ | 海堂尊/アリアドネの弾丸 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/54520677

この記事へのトラックバック一覧です: 西條奈加/御師 弥五郎:

« たつみや章/月神の統べる森で | トップページ | 海堂尊/アリアドネの弾丸 »