« 舞台:ミュージカル『薄桜鬼』斎藤一 篇 | トップページ | 伊東潤/城を噛ませた男 »

2012/05/06

小林泰三/大きな森の小さな密室

一冊の中に犯人当て、安楽椅子、日常の謎など7つのパターンの推理小説を集めた短編集。

中に「バカミス」というジャンルがあったけど、話の内容としては全編バカミスみたいなものだったw
面白くなかったわけじゃないけど、もう少し真面目なのがあってもよかったかも。

ただ、各編に登場する探偵たちはみんな個性的で面白かった。
私は貧乏弁護士の西条源治と、馬鹿には我慢がならない進藤礼都が好きだったな。

<収録作品>
大きな森の小さな密室(犯人当て) / 氷橋(倒叙ミステリ) / 自らの伝言(安楽椅子探偵) / 更新世の殺人(バカミス) / 正直者の逆説(??ミステリ) / 遺体の代弁者(SFミステリ) / 路上に放置されたパン屑の研究(日常の謎)

|

« 舞台:ミュージカル『薄桜鬼』斎藤一 篇 | トップページ | 伊東潤/城を噛ませた男 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/54689581

この記事へのトラックバック一覧です: 小林泰三/大きな森の小さな密室:

« 舞台:ミュージカル『薄桜鬼』斎藤一 篇 | トップページ | 伊東潤/城を噛ませた男 »