« 伊東潤/城を噛ませた男 | トップページ | 天祢涼/葬式組曲 »

2012/05/09

あさのあつこ/東雲の途

「弥勒シリーズ」(というらしい。何となくピンとこない命名だな)4作目。
今までは事件が解決してもちっともスッキリしなくて読み終わるとドヨヨーンとした気持ちになることが多かったこのシリーズだけど、今回は前向きな明るい雰囲気で気持よく読了。

今までひたすら前だけを見て捨ててきた過去を忘れようと努めてきた清之介が、現在の自分の暮らしを守るためにも過去と対峙することを決意し行動する、という展開。
一つ山を乗り越えた遠野屋の笑顔が見られたのはよかった。

何故か今回は信次郎もいつもよりも丸かったような感じ。
岡っ引きの伊佐治とその家族のエピソードもとてもよかった。

前半がすごく丁寧に書いてあった分、最後のほうがちょっと駆け足になったのが残念だった。
敵方との対決シーンももうちょっと緊迫感が欲しかったな。

しかし、今までは暗い雰囲気がやだなあと思っていたのに、上手く行きだすとそれはそれで物足りないと感じてしまうという…w
わがままですね^^;

|

« 伊東潤/城を噛ませた男 | トップページ | 天祢涼/葬式組曲 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/54689702

この記事へのトラックバック一覧です: あさのあつこ/東雲の途:

« 伊東潤/城を噛ませた男 | トップページ | 天祢涼/葬式組曲 »