« 福澤徹三/シャッター通りの死にぞこない | トップページ | 小路幸也/花咲小路四丁目の聖人 »

2012/06/14

中野京子/危険な世界史 運命の女篇

危険な世界史 運命の女篇

以前読んだ「血族結婚篇」の続編。
今回も ページ程度の歴史トリビアが満載で楽しかった。

ただ、副題の「運命の女」について書いてあるのは全体の3分の1くらい。
そのあとは、歴史上の事件や人物を題材にした映画の紹介が続いている。
「タイトルと違うじゃん!」と言いたいところだけど、この映画紹介がとてもよかった。
登場人物の背景や関係、行動など物語の大筋が簡潔かつ興味深くまとまっていて、どれも面白そう。
あまり歴史物の洋画は見ない私も「今度見てみよう」と思うものがいくつもあった。

例えば「オルランド」とか「恋人たちの曲/悲愴」、「宮廷画家ゴヤは見た」「パペットの晩餐会」など。
邦画では「十三人の刺客」(ゴローちゃんのバカ殿っぷりが絶賛されている!)、と「武士の家計簿」が紹介されていた。
ただ、こういう歴史ものの映画ってこういうふうに解説してもらえれば「面白そう」と思えるけど、ただ予告編を見るだけだとどうしても「重くて暗くて難しそう」というイメージばかりでつい敬遠しちゃうんだよねえ…。
今度この本を参考にレンタルDVDを借りてみよう。

|

« 福澤徹三/シャッター通りの死にぞこない | トップページ | 小路幸也/花咲小路四丁目の聖人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/54977515

この記事へのトラックバック一覧です: 中野京子/危険な世界史 運命の女篇:

« 福澤徹三/シャッター通りの死にぞこない | トップページ | 小路幸也/花咲小路四丁目の聖人 »