« 逢坂剛/平蔵の首 | トップページ | 今野敏/TOKAGE 特殊遊撃捜査隊 »

2012/06/19

柚月裕子/検事の本懐

検事の本懐

ベテランの上司をして「検事になるために生まれてきた」と言わしめる新人検事・佐方を主人公にした連作短編集。

最初の2編は「誰もが『犯人はこいつだ』だと思うような単純な事件の裏側に潜む複雑な人間模様を佐方が解き明かし意外な真実をあぶり出す」といった感じの話。
なので全編そうなのかな、と思ったらちょっと違ってた。

3編目以降は佐方本人の話にちょっとづつ方向転換していって最後は「なるほど、こういうところに落ち着きますか」という結末。
決して面白くなったわけじゃないんだけど、でもやっぱり私は最初の2作みたいな作品が読みたかった。

それに、最後の話は何となく収まりが悪い。
確かにいい話ではあるんだけど「そうするしかなかったの?ホントに?」って気がしてならない。
そんな覚悟があるなら始めからもっとみんなが傷つかずに済む方法を探すべきだったような気がするんだけどな。
我慢してる人が多すぎて読後感があまりよくなかった。

<収録作品>
樹を見る / 罪を押す / 恩を返す / 拳を握る / 本懐を知る

|

« 逢坂剛/平蔵の首 | トップページ | 今野敏/TOKAGE 特殊遊撃捜査隊 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/55031662

この記事へのトラックバック一覧です: 柚月裕子/検事の本懐:

» 真実を見逃さず [笑う社会人の生活]
小説「検事の本懐」を読みました。 著者は 柚月 裕子 検事 佐方貞人を軸とした連作短編モノ 事件の真相に迫るミステリーですかね どの話も手堅く出来ており 新鮮さはないですが、しっかりと読めました! とはいえ、やはりコレ!という 短編が何作かあればなぁと 連作...... [続きを読む]

受信: 2012/09/18 17:56

« 逢坂剛/平蔵の首 | トップページ | 今野敏/TOKAGE 特殊遊撃捜査隊 »