« 五代ゆう/瞑る花嫁 柚木春臣の推理 | トップページ | 北山猛邦/猫柳十一弦の後悔 不可能犯罪定数 »

2012/06/06

加藤実秋/チャンネルファンタズモ

チャンネルファンタズモ (角川文庫)

ある事件がきっかけで大手のテレビ局をクビになった深見がやっと潜り込んだ次の就職先は、オカルト番組専門の弱小CS放送局だった…。

タイトルの「チャンネルファンタズモ」というのは深見が入社した放送局の名前。
「オカルト専門の放送局」という設定は面白いと思ったけど、物語には今ひとつ入り込めなかった。

深見の相棒になる、オカルト好きで元ヤンの構成作家ミサの性格設定が苦手だった、というのが大きな要因かも。
それにギャグとシリアスのバランスもちょっと微妙でどう反応したらいいか判らないまま終わってしまった感じ。
「この状況でこの展開になるって変じゃないの?」と感じる部分もあった。

物語は、深見とミサが心霊番組の取材で遭遇した不思議な現象の謎を解く軽めの「日常の謎」系の前半と、深見が前の会社をやめる原因になった事件の真相を暴くシリアスモードの最終話とを組み合わせた構成。
どちらもそれぞれ悪くないんだけど、2つ組み合わさると何となくバランスがよくない感じ。
個人的にはそれぞれ別の話として読みたかったな。

特にシリアスモードの最終話は話自体面白かったし、登場人物も個性的でよかったのでこの登場人物たちをもっと活躍させて欲しかった。

前半の登場人物では会社の同僚の谷中はいい味出していてよかった。

|

« 五代ゆう/瞑る花嫁 柚木春臣の推理 | トップページ | 北山猛邦/猫柳十一弦の後悔 不可能犯罪定数 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/54919232

この記事へのトラックバック一覧です: 加藤実秋/チャンネルファンタズモ:

« 五代ゆう/瞑る花嫁 柚木春臣の推理 | トップページ | 北山猛邦/猫柳十一弦の後悔 不可能犯罪定数 »