« 阿部智里/烏に単は似合わない | トップページ | 井川香四郎/ホトガラ彦馬 写真探偵開化帳 »

2012/09/13

太田忠司/甘栗と戦車とシロノワール

甘栗と戦車とシロノワール (角川文庫)

甘栗くんシリーズ2作目。
かつて「名古屋最強の中学生」「凶暴戦車」と恐れられた同級生・徳永から小学校時代の恩師を探して欲しいと頼まれた甘栗が活躍する話。

面白かった~!
後半の展開とか上手く行きすぎな感じがするけど、それでいてちゃんとハラハラさせてくれる。

とにかく文章のテンポがとてもよくて読みやすい。
展開が早いし、人の出入りも多いけどきちんと交通整理されているのですごくスムーズに読める。

事件の部分もいいけど、学校での友達や後輩との会話もすごく楽しくて面白かった。

晃の死んだ父親絡みのあるエピソードも効果的に使って、高校生のドタバタ青春ミステリー以上のずっしりと感慨深い物語に仕上がっていた。

次も楽しみ♪
あと直哉メインの話も読んでみたいなあ。どんな黒幕っぷりなのか気になるw

|

« 阿部智里/烏に単は似合わない | トップページ | 井川香四郎/ホトガラ彦馬 写真探偵開化帳 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/55660686

この記事へのトラックバック一覧です: 太田忠司/甘栗と戦車とシロノワール:

« 阿部智里/烏に単は似合わない | トップページ | 井川香四郎/ホトガラ彦馬 写真探偵開化帳 »