« 宮内悠介/盤上の夜 | トップページ | 太田忠司/甘栗と戦車とシロノワール »

2012/09/12

阿部智里/烏に単は似合わない

烏に単は似合わない

八咫烏の子孫が支配する世界。
宗家の次期当主となる若宮の花嫁候補として集められた東西南北四家の美姫たちの駆け引き。
誰が若宮の心を射止めるのか…という話。

それぞれ四季になぞられた4人の姫たちはキャラクターがはっきりしていてよかった。
4人の駆け引きとか関係の変化、宗家での生活の部分はエピソードも多く華やかで面白かった。

ただミステリーとしてはどうかなあ?
謎自体が弱いし、伏線も薄いので最後に謎解きされても今ひとつピンとこなかった。
(というか、最後に若宮が謎解きを始めたので「あ、これはミステリーだったのか」と思ったくらいw)

若宮の存在も勿体ぶらせすぎ。
なぜあんなに登場を遅らせるのか意味が判らない。
もう少し他の部分でも気配くらい残してもいいのでは。

あと、言葉遣いが「?」な部分が散見されたり、設定も前後の関係が矛盾したりするところがあってけっこう突っ込みどころも多い作品だった。

文章は読みやすいしキャラクターも魅力的なので、もうちょっと細かい部分にも気を配って書いて欲しかったな。

**************************************************************

あまりにも不明な部分が多すぎてモヤモヤしていたので久しぶりにネタバレツッコミページを作ってしまった(^.^;
別ページにしましたのでこちらからどうぞ。
だたし内容をそのまま書いてありますので、本編未読の方はご注意ください。

|

« 宮内悠介/盤上の夜 | トップページ | 太田忠司/甘栗と戦車とシロノワール »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/55660635

この記事へのトラックバック一覧です: 阿部智里/烏に単は似合わない:

« 宮内悠介/盤上の夜 | トップページ | 太田忠司/甘栗と戦車とシロノワール »