« 七河 迦南/アルバトロスは羽ばたかない | トップページ | 太田忠司/金木犀の徴 探偵・藤森涼子の事件簿 »

2012/10/28

東野圭吾/禁断の魔術 ガリレオ8

禁断の魔術 ガリレオ8

ガリレオシリーズの最新作。
短編3本と中編が1本の計4本を収録。

相変わらずテンポがよくて読みやすい。
短編は全部何が起こったかを最後に説明するパターンで、中編は何が使われるかは分かった上でそれをどうするかが焦点になるバターン。
私はこのシリーズに関しては前者のが好きだな。
後者も悪くはないけど、どうしても結末までのパターンが似た感じになってしまう気がするので。

というか、湯川が対象に思い入れがありすぎる話があまり好きじゃないのかも…。
私にとっては湯川はあくまでも偏屈な物理バカでいて欲しいのかもしれない。
もちろんその奥には普通の人間以上に相手を思いやる気持ちを持っていてもいいんだけど、それを物語の中にそのまま反映してほしくないというか、そんな感じ。
まあ、確かにあんなセリフを湯川に言わせちゃうことを思いつくことが凄いとは思うんだけどね。

小説では湯川の相棒はあくまでも草薙なのがいい。
なんか、落ち着く。
でもだからといって、内海も決して邪魔にされているわけではなく、きちんと彼女に相応しい立ち位置で活躍しているのが好ましい。

<収録作品>
透視す(みとおす) / 曲球る(まがる) / 念波る(おくる) / 猛射つ(うつ)

|

« 七河 迦南/アルバトロスは羽ばたかない | トップページ | 太田忠司/金木犀の徴 探偵・藤森涼子の事件簿 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/56034132

この記事へのトラックバック一覧です: 東野圭吾/禁断の魔術 ガリレオ8:

« 七河 迦南/アルバトロスは羽ばたかない | トップページ | 太田忠司/金木犀の徴 探偵・藤森涼子の事件簿 »