« 太田忠司/金木犀の徴 探偵・藤森涼子の事件簿 | トップページ | 赤川次郎/鼠、影を断つ »

2012/10/31

西澤保彦/モラトリアム・シアターproduced by腕貫探偵

モラトリアム・シアターproduced by腕貫探偵 (実業之日本社文庫)

腕貫探偵シリーズの最新刊。
文庫書き下ろし。

面白かったっ!
最初のうちは登場人物がどんどん出てきてどんどん死んで(殺されて)いくので誰が誰やら…とちょっと戸惑ったけど、それが落ち着いてからの展開はハチャメチャですごく楽しめたw
まさかそんな結末とは!

読む前は「produced by腕貫探偵」って何?と思ったけど、読み終わったあとでもう一度タイトルを見たらなるほど全てはここに書いてあったのね、と気づいてニヤニヤしてしまった。
そういう意味だったのね。なるほど。

それにしても西澤さんは変なキャラクターを作るのが上手い。
今回は早藤教頭がすごく気持ち悪くて印象的。
他にも困ったキャラが目白押しで「気持ち悪い!」「うわ、ウザっ!」と思いながら読んだ。

まあ、正直ミステリーとしては「なんじゃそりゃ」な感じなので、展開を楽しめる人向きかと。

|

« 太田忠司/金木犀の徴 探偵・藤森涼子の事件簿 | トップページ | 赤川次郎/鼠、影を断つ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/56034290

この記事へのトラックバック一覧です: 西澤保彦/モラトリアム・シアターproduced by腕貫探偵:

« 太田忠司/金木犀の徴 探偵・藤森涼子の事件簿 | トップページ | 赤川次郎/鼠、影を断つ »