« 赤川次郎/鼠、影を断つ | トップページ | 東野圭吾/真夏の方程式 »

2012/11/04

赤川次郎/鼠、夜に賭ける

鼠、夜に賭ける (角川文庫)

シリーズ4作目。

うーん、イマイチ。
前作は登場人物がほとんど町人だったのでいい感じで人情話になっていたけど、今回は侍が絡んだ血腥い話がメイン。
内容も変に入り組んでいて分かりにくいし、結末も暗くて気持ちよく読み終われるものが少なかった。残念。

なんか侍が出てくると大雑把な斬り合いになっちゃってちっとも面白くないんだよなあ。
しかも話の進め方も自分のことしか考えていないので、登場人物に感情移入しにくいし。
もうちょっとどうにかならなかったんだろうか。

前作で出てきた女医の千草と次郎吉の仲が微妙に縮まっているところは良い感じだったけど。
あと、最後に出てきた同心の香川左内が気になる。

<収録作品>
鼠、夜道を行く / 鼠、夜に賭ける / 鼠、弓をひく / 鼠、分かれ道に立つ / 鼠、うたた寝する / 鼠、猫に訊く

|

« 赤川次郎/鼠、影を断つ | トップページ | 東野圭吾/真夏の方程式 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/56080824

この記事へのトラックバック一覧です: 赤川次郎/鼠、夜に賭ける:

« 赤川次郎/鼠、影を断つ | トップページ | 東野圭吾/真夏の方程式 »