« 朝井リョウ/星やどりの声 | トップページ | 東川篤哉/謎解きはディナーのあとで »

2012/12/21

津原泰水/猫ノ眼時計(幽明志怪)

猫ノ眼時計 (幽明志怪)

猿渡と伯爵のシリーズ3作目にして最終巻。

面白かった。
猿渡と伯爵の関係や作風が前作よりも1作目に近い感じ。
1作目の『蘆屋家~』に出てきた豆腐の話題が今回も出てきて、しかもそれによって猿渡が危機一髪のところを救われるというのは感慨深い。
アイダベルと猿渡の掛け合いもテンポよく楽しくて好きだったな。

猿渡と友人の伊予田のことを書いた「玉響(たまゆら)」もよかった。
最後の<誰が泣くか。>が効果的。
これを読んだらこっちが泣けてきた。

途中に出てきた「花嫁」(「花嫁は夜汽車に乗って~」)の歌詞のダブルミーニングの話と醤油煎餅を煮込んで出汁と具にしたにゅう麺が気になる!w

<収録作品>
日高川 / 玉響 / 城と山羊 / 続・城と山羊 / 猫ノ眼時計

|

« 朝井リョウ/星やどりの声 | トップページ | 東川篤哉/謎解きはディナーのあとで »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/56366273

この記事へのトラックバック一覧です: 津原泰水/猫ノ眼時計(幽明志怪):

« 朝井リョウ/星やどりの声 | トップページ | 東川篤哉/謎解きはディナーのあとで »