« 初野晴/空想オルガン | トップページ | e-NOVELS編/黄昏ホテル »

2013/01/20

新春浅草歌舞伎@浅草公会堂

1月19日 土曜日、浅草に新春浅草歌舞伎を見に行ってきた。

開演は午後3時からだったけど、友人が会社の福利厚生を通してランチクーポン付きのチケットを取ってくれたので、11時に待ち合わせしてランチとちょっとだけ周辺をぶらぶらしてから会場に向かうことに。

ランチは20店くらいのお店から選択できるシステム。
同行の友人の希望で洋食屋の「ヨシカミ」さんへ。
行列が出来るほどの人気店と聞いていたけど、実際11時半ちょっと前にお店についた時には既に10人以上の人が並んでいた。(開店は11時45分)
カウンターが15席くらいと、テーブルが4つくらいのこじんまりしたお店が開店と同時に満員。
ホールから上がってくる注文を7~8人の厨房スタッフが手際よく次々に仕上げていく姿が印象的だった。
ランチクーポンは出てくる料理が決まっていて、私達がいただいたのはサラダとコンスープ、ナポリタンさらにお店の名物料理でもあるビーフシチュー。
先にナポリタンが出てきたので「やっぱりクーポンだとこのくらいなのかな」とちょっと残念に思っていたら後からビーフシチューも出てきたのでビックリ。
浅草・ヨシカミのビーフシチューシチューはお肉が柔らかくて美味しかった~♪
ナポリタンもちょっと甘目の懐かしい味だった(^^)
多分シチューは通常よりも小さいサイズだと思うけど、ナポリタンもあるので量はかなりたっぷり目。
充分頂いた後、食後にはコーヒーまでついて大満足だった。
オムライスも美味しそうだったので、今度また食べに来たいな。

食事が終わったのがちょうど1時。
開演まで2時間あるので、この時間を利用して東京スカイツリー下の「ソラマチ」まで行ってみることに。
この日はお天気がよくて風もなく暖かい休日で浅草も歩くのが大変なくらい多くの観光客が出ていたけど、ソラマチも同じくらいの賑わいだった。
今までいろんな場所からスカイツリーは見てきたけど、こんなに近くまで来たのは初めて。
スカイツリー真っ青な空を背景にスックと立つスカイツリーが綺麗だった。
展望台に昇るには予約券が必要で、私達が行った1時半の時点では当日の3時半の予約券が販売中。
晴れ渡って雲も風もなくてちょうどいい天気だったけど、この後の予定があるため残念ながら今回は下から眺めるだけで、あとは「ソラマチ」の散策に。
飲食店や雑貨屋さん、洋服店など多くのお店が入っていてどこも賑わっていた。
特に飲食店は(時間的なものもあるかもしれないけど)行列ができているところが多かったな。
ニュースで「スカイツリーが出来ても、地元の商店街には人が来ていない」というのを読んだけど、すぐ足元にこれだけのお店が入っていたらなかなかその先には出て行かないのも無理はないかも。
ただ、お店の中身がスカイツリーや下町として特徴的なものもある反面、ちょっと大きな街ならどこにでもありそうなお店も多かったのも事実。
どこにでもあるお店を入れるならもう少し地元との共存を考えるべきだったのでは。
でも個人的には水族館とプラネタリウムが気になるな~。
次に行く時には寄ってみたい。

2時過ぎにスカイツリーを後にして再度浅草に。
浅草公会堂に向かい、3時からの午後の部を鑑賞。
演目は「毛谷村」「口上」「勧進帳」。

「毛谷村」は仇討ち話の一場面。
全体の設定は結構シリアスみたいだけど、この場面はコミカルで楽しかった。
お園が主人公の六助に身の上を打ち明けるあたりの三味線の使い方が特徴的で面白かった。
この演目での海老蔵は杣斧右衛門という役。
事前にちらっとだけ見ていったあらすじではあまり記憶になかった名前なので「誰だっけ?」と思ったら、最後のほうに「母親を殺された」と六助に助けを求めに来る木こりだった。
ぶっとい眉毛を付けて顔を真っ黒にした田舎者スタイルで登場する海老蔵に笑いが起きていた。
弥三松役の子が可愛かった(^^)

次は浅草歌舞伎は14年ぶりの登場となる海老蔵の「口上」。
市川家代々の新春の年中行事である「睨み」を披露してくれた。
(これを見ると今年1年無病息災でいられるとかw)

最後の「勧進帳」は力強く、迫力があった。
緊迫感のある前半と、一転リラックスした後半の緩急がいい。
武蔵坊弁慶役の海老蔵は睨みとか見えとかの型はカッコいいなあと思うけど、どうも声の出し方があまり好きじゃなかった。
「口上」のときもちょっと早口で聞き取りづらいなあと思ったけど、弁慶のセリフも(そんなに早く喋ってないのに)声がこもって綺麗に響いて来ない感じ。
滑舌の問題なのかしら?

それにしても歌舞伎は面白いけど、更に楽しむにはやっぱり予習が必須だなと思った(^^;
今回も見る前にネットでチラッとあらすじだけ読んでいったけど、全体的な時代背景とか人間関係とかがもう少し分かればもっと楽しめただろうな。

今年は歌舞伎座も出来上がることだし、あと何回か歌舞伎を見に行きたいな。
(ちとお高いし、チケット取るの大変そうだけど(^^;)

浅草公会堂にて 1月27日(日)まで
浅草新春歌舞伎

|

« 初野晴/空想オルガン | トップページ | e-NOVELS編/黄昏ホテル »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

舞台」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/56584915

この記事へのトラックバック一覧です: 新春浅草歌舞伎@浅草公会堂:

« 初野晴/空想オルガン | トップページ | e-NOVELS編/黄昏ホテル »