« 皆川博子/開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― | トップページ | 堀川アサコ/たましくる イタコ千歳のあやかし事件帖 »

2013/02/22

矢崎存美/ぶたぶた図書館

ぶたぶた図書館 (光文社文庫)

町に新しく出来た図書館で企画の募集が始まった。
小さい頃から本を読むのが大好きな中学1年生の雪音はさんざん悩んだ挙句、以前インターネットのサイトで見た「ぬいぐるみおとまり会」の企画を提出するが選からもれてしまう。
がっかりした雪音だが、ある日同じように「おとまり会」をやりたいと思っている司書の寿美子に会い2人でプレゼン用の資料を作ることに。
アピール力のある写真を撮るためにいいカメラを持っている人を探す2人。
そこにある日「山崎」と名乗る男性から電話があり-。

そうか、ぶたぶたが図書館の中の人なわけではないのね。
てっきり、司書のぶたぶたが図書館にやってくる人たちの悩みを解決する、あるいはその人にぴったりな本を紹介するといった話なのかと思ってた。

そんな思い違いをしていたせいか、今ひとつ物語に入り込めないまま終わった感あり。
まあ、全て自責だけど^^;

特に最後の話の彩子には感情移入できず。
彼女の言動が理解出来ないとかではないんだけど、人物像にピントが合わなかった感じかなー。
どんな人なのか分からないなーと思ってるうちに終わっちゃった感じ。
あ、でもぶたぶたに敵意を向けちゃうところはよかったな。
それをスルリとかわすぶたぶたもなかなかw

彩子に比べると「何も知らない」の秀はわかりやすかった。

<収録作品>
理想のモデル / 何も知らない / ママとぬいぐるみのともだち

|

« 皆川博子/開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― | トップページ | 堀川アサコ/たましくる イタコ千歳のあやかし事件帖 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/56822801

この記事へのトラックバック一覧です: 矢崎存美/ぶたぶた図書館:

« 皆川博子/開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― | トップページ | 堀川アサコ/たましくる イタコ千歳のあやかし事件帖 »