« 岡條名桜/浪花ふらふら謎草紙 | トップページ | 山本幸久/展覧会いまだ準備中 »

2013/03/12

大崎梢リクエスト!本屋さんのアンソロジー

大崎梢リクエスト!  本屋さんのアンソロジー

10人の作家による新刊本屋さんを舞台にしたアンソロジー。

どの作品も読みやすく個性的で楽しかった♪
どれもよかったけど、印象的だったのは吉野万理子さん、誉田哲也さん、似鳥鶏さんの作品かな。

誉田さんの作品はあの作品の彼女が登場。
ファンにとっては「おおっ!」って感じなんだろうなあ。(私は未読(^^;)
あ、でも本屋さんのモデルが池袋のジュンク堂だというのは分かってそれだけでニマニマしてしまったw

似鳥さんのは店長のキャラ設定が絶妙。
青井くんとのコンビもいい。
この設定で続きが読みたいな。

有栖川さんのは「もしかしたら怖い展開になるのでは…」という雰囲気が漂っていてドキドキしながら読んだ。

飛鳥井さんのはラストはよかったけど途中がイマイチ。
なんか思い込みが強すぎて読むのが辛かった。
確かに自分が好きなものがゴミ箱に捨てられてるのを見たら嫌な気持ちになるのは判るけど、それって本だけに限った話じゃないよね。
自分に不要なものだったら捨てるってだけの話でしょ。
それを「本」だけに限るのはちょっと違うと思うなあ。
あと、暇つぶしで本読むのってそんなにダメなの?
暇を潰す方法なんていくらでもあるのに、それにお金を払ってまで本を読むことを選んでくれること自体がすごいと思うんだけどなあ。
いつも「何か重要なことをここから感じないと」なんて気概を持ちながらしか読書が出来ないんだとしたら、私はきっとそんなに本を読まなくなると思う。
そんなに気持ちが充実してることってあまりないから。
気持ちが弱ってても、悲しくても、困ってても、いつも自分のペースで読めるからいいんじゃないかな。
そんな中で自分の琴線に触れる作品や作家さんに出会えればそれでラッキーだと思う。

ただ、他の作品ではこういうことは考えなかったから、読書について何かを考える切っ掛けを作ってくれたという意味でこの作品は成功なのかも。

<収録作品>
有栖川有栖『本と謎の日々』 / 坂木司『国会図書館のボルト』 / 門井慶喜『夫の弁当箱に石をつめた奥さんの話』 / 乾ルカ『モブ君』 / 吉野万理子『ロバのサイン会』 / 誉田哲也『彼女のいたカフェ』 / 大崎梢『ショップtoショップ』 / 似鳥鶏『7冊で海を越えられる』 / 宮下奈緒『なつかしいひと』 / 飛鳥井千砂『空の上、空の下』

|

« 岡條名桜/浪花ふらふら謎草紙 | トップページ | 山本幸久/展覧会いまだ準備中 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/56965332

この記事へのトラックバック一覧です: 大崎梢リクエスト!本屋さんのアンソロジー:

« 岡條名桜/浪花ふらふら謎草紙 | トップページ | 山本幸久/展覧会いまだ準備中 »