« 里見蘭/さよなら、ベイビー | トップページ | 出久根達郎/猫の似づら絵師 »

2013/08/12

中島要/藍の糸―着物始末暦2

藍の糸―着物始末暦2 (ハルキ文庫 な 10-2 時代小説文庫)

シリーズ2作目。

物語自体は「着物」にまつわる話ではあったけど、前作ほど余一の生業である「着物の始末屋」としての技術は前面に出ていなかったのが残念。
ただその分全体的には物語にまとまりがあって前作よりも読みやすかった。

登場人物たちそれぞれの心情が行動やセリフに丁寧に描かれていたし、結末も温かさがあって読後感もよかった。

縮まりそうで縮まらない余一とお糸の関係が気になる。
お嬢さんのお玉がけっこうしっかり者だったのが印象的。
相変わらず見当違いなバカ息子ぶりを発揮している綾太郎には勿体なさすぎる。

<収録作品>
藍の糸 / 魂結び(たまむすび) / 表と裏 / 恋接ぎ(こいつなぎ)

|

« 里見蘭/さよなら、ベイビー | トップページ | 出久根達郎/猫の似づら絵師 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/58060792

この記事へのトラックバック一覧です: 中島要/藍の糸―着物始末暦2:

« 里見蘭/さよなら、ベイビー | トップページ | 出久根達郎/猫の似づら絵師 »