« 東野圭吾/ナミヤ雑貨店の奇蹟 | トップページ | 西澤保彦/ぬいぐるみ警部の帰還 »

2014/02/07

太田忠司/ミステリなふたり a la carte

ミステリなふたり a la carte (創元クライム・クラブ)

その言動一つで同僚、部下は言うに及ばず上司さえも凍りつく鬼刑事・景子が関わる難事件を景子の年下夫で主夫兼イラストレーターの新太郎が解決する連作ミステリー。

シリーズ3作目。
主役の2人を始め景子の部下の生田や同僚の間宮などのキャラ設定も落ち着いて来て読みやすかった。

でも、内容的にはあっと驚くこともなく、全体的に可もなく不可もなくって感じ。新太郎の特技である料理と事件を絡める構成も後半ちょっと破綻してたような。
気楽にサクッと読むにはちょうどいい1冊。
また新たな女性キャラ登場で今後どう展開していくのか楽しみ。

<収録作品>
密室殺人プロヴァンス風 / シェフの気まぐれ殺人 / 連続殺人の童謡仕立て / 偽装殺人 針と糸のトリックを添えて / 眠れる殺人 少し辛い人生のソースと共に / 不完全なバラバラ殺人にバニラの香りをまとわせて / ふたつの思惑をメランジェした誘拐殺人 / 男と女のキャラメリゼ

|

« 東野圭吾/ナミヤ雑貨店の奇蹟 | トップページ | 西澤保彦/ぬいぐるみ警部の帰還 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/59105719

この記事へのトラックバック一覧です: 太田忠司/ミステリなふたり a la carte:

« 東野圭吾/ナミヤ雑貨店の奇蹟 | トップページ | 西澤保彦/ぬいぐるみ警部の帰還 »