« 田中啓文/鍋奉行犯科帳 | トップページ | 緑川聖司/晴れた日には図書館へいこう ここから始まる物語 »

2014/07/21

東野圭吾/夢幻花

夢幻花(むげんばな)

長編ミステリー。

冒頭で年代の違う断片的な話がいくつも出てきてなかなか話が進まないので一瞬挫折しそうになってしまった(^^;
でも、事件が動き始めてからは一気読み。
ちょっと偶然多すぎじゃね?と思いつつも、テンポよく畳み掛けてくる展開に引き込まれた。
最後の伏線の回収も見事。

でも、すごく上手くまとまってる話ではあるけど感動したって感じではないかな~。
何となくツルーッと上滑りしていってしまう感じがあったような。

最後のほうで要介の「このホテルでトラブルがあった時に関わった」ってセリフがあったけど、それは『マスカレード・ホテル』のことなのかな?

|

« 田中啓文/鍋奉行犯科帳 | トップページ | 緑川聖司/晴れた日には図書館へいこう ここから始まる物語 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/60083845

この記事へのトラックバック一覧です: 東野圭吾/夢幻花:

« 田中啓文/鍋奉行犯科帳 | トップページ | 緑川聖司/晴れた日には図書館へいこう ここから始まる物語 »