« 川瀬七緒/シンクロニシティ 法医昆虫学捜査官 | トップページ | 東野圭吾/夢幻花 »

2014/07/20

田中啓文/鍋奉行犯科帳

鍋奉行犯科帳 (集英社文庫)

江戸時代の大阪を舞台にした時代小説。

面白かった~♪
仕事よりも何よりも美味しいものを食べるのが好きな大阪西町奉行・大邉久右衛門や配下の与力、同心たちの明るいキャラクターとテンポのいい会話で楽しく読めた。
また、タイトルからもっとふざけた感じの軽めの作品かと思っていたけど、事件や謎解きは意外にもしっかりした話で読み応えがあった。

時代物というと舞台はほとんど江戸だしたまに大阪を舞台にしたものがあっても武士よりも町人や職人が主役の作品が多いので、大阪の奉行所が活躍するこの作品は新鮮に感じた。
話のテーマに合わせた食べ物薀蓄も楽しかった。

<収録作品>
フグは食ひたし / ウナギとりめせ / カツオと武士 / 絵に描いた餅

|

« 川瀬七緒/シンクロニシティ 法医昆虫学捜査官 | トップページ | 東野圭吾/夢幻花 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/60083819

この記事へのトラックバック一覧です: 田中啓文/鍋奉行犯科帳:

« 川瀬七緒/シンクロニシティ 法医昆虫学捜査官 | トップページ | 東野圭吾/夢幻花 »