« 都筑道夫/キリオン・スレイの生活と推理 | トップページ | 贋作館事件 »

2014/08/06

沢木耕太郎/ポーカー・フェース

ポーカー・フェース (新潮文庫)

エッセイ集。

沢木さんの本を読むのは久しぶり。
沢木さんのエッセイを読むといつも「男前だなあ」と感じるけど、今回も相変わらずシンプルかつ潔さを感じる文章で読んでいて心地いい。
普段しつこくオチのある話に慣れすぎているためか、あまりに潔すぎる結末にちょっと物足りなさを覚えるくらいだった。

今回は著者自身の経験だけでなく、作家仲間や女優、歌手らとの交友関係について触れている内容も多かった。
特に女優の高峰秀子さんとの交流の話が印象的。
ほとんど知らない女優さんだけど、沢木さんが「すばらしい書き手だった」と言う彼女の本が読みたくなった。

私はこれまで財布というものを持ったことがない。金はそのとき使えるだけのものがジーンズのポケットに突っ込まれている。それがなくなれば、またあるだけの金を突っ込んでおく。かりに、使える金がなくなり、ポケットに一円も入れられないようなときがあっても、それはそれで構わない。p315

|

« 都筑道夫/キリオン・スレイの生活と推理 | トップページ | 贋作館事件 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/60275105

この記事へのトラックバック一覧です: 沢木耕太郎/ポーカー・フェース:

« 都筑道夫/キリオン・スレイの生活と推理 | トップページ | 贋作館事件 »