« 若林正恭/社会人大学人見知り学部 卒業見込み | トップページ | 小路幸也/荻窪 シェアハウス小助川 »

2014/10/30

篠原美希/迷宮庭園 華術師 宮籠彩人の謎解き

迷宮庭園: 華術師 宮籠彩人の謎解き (新潮文庫)

「花からのメッセージを読み解く『華術師』」という設定に惹かれて読み始めたけど、残念ながら期待していたのとは違ってた。
「華術師」の魅力というかその存在がどういうものなのかさっぱり判らなかったし、またその能力が謎ときに活かされたのかどうかも不明だった。
もっと言ってしまえば彩人が謎を解いたのかどうかさえも曖昧な感じ。

あと、展開が遅いのも気になった。事件が起こるまでに時間掛かりすぎ。

多分シリーズ化を見込んでの人物紹介的な展開だったのではないかと思えるけど、それにしてももうちょっと惹きつける出だしでないと次を読もうとは思えないな。

そして何より主人公・彩人の担当編集である立花(たてはな)の性格設定が鬱陶しくて途中で何度も挫折しそうになった。
もしかしたら事件を解く重要な鍵を握ってるとか?と思って我慢して読んだけど、結局そういうこともなくただ鬱陶しいだけとか。
あの登場人物、必要だった?
美形だけど花に興味のない女性刑事・朽木と彩人のコンビで十分なんじゃないかと思うけど。

『華術師』という設定はいいんだけど、多分次は読まないと思う。

表紙のタイトルもフォントの選択を間違えていると思う。
もっと綺麗で読みやすいフォントがいくらでもあるはず。
田倉トヲルさんのイラストは悪くない。

|

« 若林正恭/社会人大学人見知り学部 卒業見込み | トップページ | 小路幸也/荻窪 シェアハウス小助川 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/60837131

この記事へのトラックバック一覧です: 篠原美希/迷宮庭園 華術師 宮籠彩人の謎解き:

« 若林正恭/社会人大学人見知り学部 卒業見込み | トップページ | 小路幸也/荻窪 シェアハウス小助川 »