« 天祢涼/セシューズ・ハイ 議員探偵・漆原翔太郎 | トップページ | 柄刀一/黄昏たゆたい美術館 »

2014/10/08

久坂部羊/芥川症

芥川症

初読みの作家さん。
芥川作品のパロディ×医療・介護×ブラックユーモアといった感じの短篇集。

著者が現役の医師だけあって医師や看護師の会話とかリアリティあり。
特に父の死の真相を知ろうと患者の息子が病院中を歩きまわる「病院の中」の状況は、実際にありそうでジワジワ怖い。

全体的に明るい内容ではないので読後感はイマイチだけど、スッキリした文章で読みやすくシニカルな中にも考えさせられるものがあった。

芥川の作品をそのまま引き写したわけではないので原作を知らなくても(あるいは忘れていても)面白く読めるけど、やっぱりオリジナルを読んでおいたほうが楽しめるかも。

<収録作品>
病院の中 / 他生門 / 耳 / クモの意図 / 極楽変 / バナナ粥 / 或利口の一生

|

« 天祢涼/セシューズ・ハイ 議員探偵・漆原翔太郎 | トップページ | 柄刀一/黄昏たゆたい美術館 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/60465476

この記事へのトラックバック一覧です: 久坂部羊/芥川症:

« 天祢涼/セシューズ・ハイ 議員探偵・漆原翔太郎 | トップページ | 柄刀一/黄昏たゆたい美術館 »