« 海堂尊/ケルベロスの肖像 | トップページ | 梶よう子/宝の山 商い同心お調べ帖 »

2015/01/12

瀬那 和章/雪には雪のなりたい白さがある

雪には雪のなりたい白さがある

実在の4つの公園を舞台にした出会いと別れの物語。

初読みの作家さん。
タイトルが素敵だったので読んでみた。

しっとりした雰囲気の柔らかい文章。
登場人物たちの心理や公園の移りゆく季節を描く丁寧な描写。
とても読みやすい作品だった。

ただ、物語のテーマが得意分野ではなかったせいか、「あー、文章うまいなー」と思いつつツルーッと読み終わってしまったという印象もあり。
あくまでも相性の問題だと思うけど。
一話目ではちょっと泣かされたけど、これは設定がずるいと思う(^^;

登場する4つの公園のうち「港の見える丘公園」以外は西武線沿線にある公園なのね。
著者さんがこのあたりの出身なのかしら。

【収録作】
雨上がりに傘をさすように(港の見える丘公園) / 体温計は嘘をつかない(あけぼの子どもの森公園) / メタセコイアを探してください(石神井公園) / 雪には雪のなりたい白さがある(航空記念公園)

|

« 海堂尊/ケルベロスの肖像 | トップページ | 梶よう子/宝の山 商い同心お調べ帖 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/60993057

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬那 和章/雪には雪のなりたい白さがある:

« 海堂尊/ケルベロスの肖像 | トップページ | 梶よう子/宝の山 商い同心お調べ帖 »