« 岡本綺堂 / 半七捕物帳(初手柄編) | トップページ | 大倉崇裕/蜂に魅かれた容疑者 警視庁総務部動植物管理係 »

2015/01/26

森晶麿/かぜまち美術館の謎便り

かぜまち美術館の謎便り

寂れてゆく小さな町の美術館の館長として迎えられた学芸員の佐久間が町で起こる事件の謎を解く話。

うーん、ちょっと微妙。
つまらなかったわけではないけど、読み終わって素直に「面白かった!」と言えないモヤモヤが残る作品だった。

特にラストがね…なんなの、その設定という印象。
もちろん作中では「もともとそういう設定でした~!」ってことにはなってるし、読んでるこちらもうすうす「そうなんじゃないかな」と思ってもいたけど、いざその通りに持ってこられると「いやいやいや…」と思ってしまった。
(というか、「そうなんじゃないか」と匂わせる書き方をしていたのが逆に嫌だったのかも)
あれだけそういう方向に盛り上げておいてその終わり方じゃ読んでる方としては全然納得行かないでしょ、それ…って展開で最後にイラッとしてしまった。
あれだと佐久間がすごい自分勝手な嫌な奴にしか思えないんですが。
なんだかんだ言って自分の気持ち悪さを消化しに来たとしか思えない。
カホリはなんでそれで納得しちゃうかな~?って感じだな。

絵の解釈の話と料理の話はよかった。
ただ、ヒカリの絵の話はたくさん出てきたけど、結局のところ彼がどんな絵を描いていたのかがさっぱり判らなかったのが残念。
絵を文章で表現するのは難しいと思うけど。

佐久間の娘のかえでは可愛かったけど…ちょっとあざといかな。

あと、作中では触れられてなかったけど、町の主要行事である祭りの象徴・風車づくりはカホリの父・サブロー以外に誰かやってるんだろうか。
サブローがいなくなったら誰が風車を作るのか…それが気になった。

【収録作品】
きらわれもの / かたおもい / なきむしないえ / わになっておどる / あかいはなどんぶらこ / 風のかくれんぼ

|

« 岡本綺堂 / 半七捕物帳(初手柄編) | トップページ | 大倉崇裕/蜂に魅かれた容疑者 警視庁総務部動植物管理係 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/61139023

この記事へのトラックバック一覧です: 森晶麿/かぜまち美術館の謎便り:

« 岡本綺堂 / 半七捕物帳(初手柄編) | トップページ | 大倉崇裕/蜂に魅かれた容疑者 警視庁総務部動植物管理係 »