« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月の4件の記事

2015/02/22

梶よう子 / ご破算で願いましては みとや・お瑛仕入帖

ご破算で願いましては: みとや・お瑛仕入帖

永代橋崩落事故で両親を亡くし、思いがけない借金で店もなくした長太郎とお瑛兄妹。
それから5年、周囲の援助で何でも小さな店を開いたが、仕入れを担当する長太郎はいつもいわくつきの品を持ち帰る。
その品をめぐる騒動と事故の影に隠されたある物語。

連作短編なので全体的には軽い雰囲気の内容が多くて、単体では面白かった。
ただ、最初の設定(両親が事故で死んで店もなくし兄妹2人が放り出される)が重いし、あちこちに怪しい伏線が張ってあるので気持ちがソワソワしてしまって落ち着いて読めない部分もあり。
特に兄の長太郎の暢気な感じがどうもしっくり来なくて、お瑛じゃないけどイライラすることが多かったかな。
多分、長太郎は長太郎でいろいろ考えて行動してたんだろうし、お瑛のことも誰よりも大切に思っているんだろうけど「言わなくちゃ判らないこと」ってあるよね。

お瑛が舟を操ることが巧みでさらに舟に乗ると顔つきも性格も変わるという設定は意外性があったし、過去の哀しい記憶とそれでも自分は前を向いて生きていくというお瑛の生き方がうまく表されていてよかった。
最後はちょっとバタバタしたけど上手く収まって読後感もいい作品になっていて安心した。

お父っつぁんとおっ母さんが逝ってしまった悲しみも、借金で店屋敷を取られて、通りに放り出された悔しさも、舟を漕いでいるときだけは忘れられた。
舟は後ろ向きには進まない。前に前に進んでいく。だから顔を上げることが出来たのだ。(p103より)

<収録作品>
ご破算で願いましては / 月に叢雲、花に風 / 我が待つ君 / めんないちどり / 天神さまが寝てござる / 化粧映え

最初、タイトルを見て『算法少女』みたいな話かと思っていたら全然違ったのは残念だった…(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/21

岡本綺堂(北村薫・宮部みゆき 編)/ もっと、「半七」!

もっと、「半七」!―半七捕物帳傑作選〈2〉 (ちくま文庫)

北村さん、宮部さんセレクトの「半七捕物帳」アンソロジー第2弾。

今回も面白かったけど何故か読むのにすごく時間がかかった。
最初のほうは記憶が曖昧になってしまっていたのを、巻末に掲載されたお二人の対談で再確認出来た。

この、作品に対する愛情溢れる対談も含めて楽しめる1冊。

<収録作品>
小女郎狐 / 海坊主 / 松茸 / 一つ目小僧 / むらさき鯉 / 三つの声 / かむろ蛇 / 歩兵の髪切り / 川越次郎兵衛 / 二人女房

今回の収録されていない作品もまだまだあるようなので、他の作品集も読んでみようと思う。

そういえば「松茸」の冒頭で、半七の誕生会に「わたし」が招かれるシーンがあったのが印象的だったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/07

岡本綺堂 著(北村薫・宮部みゆき 編) / 読んで、「半七」!―半七捕物帳傑作選〈1〉

読んで、「半七」!―半七捕物帳傑作選〈1〉 (ちくま文庫)

北村薫さんと宮部みゆきさんセレクトによる「半七捕物帳」のアンソロジー第一弾。

面白かった。
前回読んだ時も思ったけど、現在「捕物帳」と題して発表されている他の作品よりも謎ときの要素が強い。
最近のはもっと岡っ引きと与力のやり取りやそのまた上の存在との駆け引きも含んだ形で描かれることが多いけど「半七捕物帳」は半七親分が出会った謎とその謎ときに集中している。
その明快さが気持ちいい。
そして100年前の作品なのに文章に違和感がないのが凄い。

シリーズ一作目の「お文の魂」ほか12編を収録。
巻末に北村さんと宮部さんの対談+過去に出版された「半七」アンソロジーにどの作品が収録されたかの一覧付き。

<収録作品>
お文の魂 / 石灯籠 / 勘平の死 / 奥女中 / 帯取の池 / 春の雪解 / 津の国屋 / 山祝の夜 / 槍突き / 向島の寮 / 蝶合戦 / 筆屋の娘

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/01

里見蘭 / 大神兄弟探偵社

大神兄弟探偵社 (新潮文庫)

美術館から盗まれた時価数十億の現代絵画の名作を巡り、常識知らず怖いものなしの兄弟が営む探偵社に飛び込んだ大学生・友彦が事件に巻き込まれていく話。

面白かった!
もっと軽めのミステリーかと思ったら、かなりハードなアクション付きの探偵小説だった。

途中かなり危ない展開になるので小心者の私はドキドキしすぎて手が止まってしまうことが何度もあったし、アクションシーンは読んでも動きが難しくて想像出来なかったりしたけど、最後まで派手な展開で楽しめた。
探偵兄弟始め独特なキャラの主役たちもブレない設定でカッコイイ。

しかし友彦は(いくらパルクールをやっているという設定とはいえ)単なる大学生からの変化が大きすぎない!?
まあ、だからこそ面白かったわけだけどw

最後は友彦の問題も含めて綺麗に解決して気持ちよかった。
ただ、推理は複雑過ぎて読んでてもよく判らなかったわ…(笑)

怖いもの知らずの兄弟の唯一の弱点 おばあさまの比佐さんの存在も興味深い。
また続きが読めますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »