« 長崎尚志 / 黄泉眠る森 醍醐真司の博覧推理ファイル | トップページ | 山本兼一 / 狂い咲き正宗 刀剣商ちょうじ屋光三郎 »

2015/07/11

畠中恵 / けさくしゃ

けさくしゃ (新潮文庫)

実在の戯作者・柳亭種彦を主人公にした時代小説。
二百俵取りの旗本の殿様ながら小普請組で仕事もなくフラフラしていた種彦と彼に戯作者になることをけしかけた新米の版元・山青堂の主人が周囲で起こるトラブルを物語の力を借りて解決していく連作短編集。

物語の展開は面白かった。
特に起きたトラブルを解決するのに、判っていることを中心に物語にして行ってそこから事の真実を見つけ出すという手法が新鮮で楽しかった。
いつもそれで上手くいくわけではなく時には話が暴走して真実が見えなくなるパターンがあるのもいい。

あと、最後の事件で窮地に追い込まれた種彦が上役に呼び出された時の描写がよかった。
今まで享受してきたものがすべてなくなるかもしれないという恐怖の中、一言「筆を折る」と言えば許されるかもしれないと思いつつそれが言えない種彦の苦悩が印象的だった。

ただ、やっぱり人間関係とかセリフとか文章とかなんとなく違和感あり。
別に読みにくいわけじゃないんだけど。
これは毎回感じることなので、作品というより作家さんと私の相性の問題なんだろうな。
それでもいつも「読もうかな」と思うんだから結局好きなんだと思うけど。

|

« 長崎尚志 / 黄泉眠る森 醍醐真司の博覧推理ファイル | トップページ | 山本兼一 / 狂い咲き正宗 刀剣商ちょうじ屋光三郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29699/61954353

この記事へのトラックバック一覧です: 畠中恵 / けさくしゃ:

« 長崎尚志 / 黄泉眠る森 醍醐真司の博覧推理ファイル | トップページ | 山本兼一 / 狂い咲き正宗 刀剣商ちょうじ屋光三郎 »